若桜鉄道

 
若桜鉄道

昭和5年開業時の施設が数多く残る
~一路線で23の文化財を持つ鉄道遺産~

  見学について 見学可能

ほとんどの施設が公道や乗車中に見学することが可能です。
最も多くの文化財がある若桜駅では、入構料300円(大人)を払えば転車台や給水塔も見学が可能です。
また、国鉄型蒸気機関車C12 167号機・国鉄型ディーゼル機関車DD16 7号機の体験運転には事前の予約が必要です。
詳細は若桜鉄道のホームページをご確認ください。

若桜鉄道株式会社 公式サイト

> 遺産所在地、アクセス情報はこちら

概要

鳥取県若桜(わかさ)町と八頭(やず)町を結ぶ若桜鉄道は、1930(昭和5)年に国鉄若桜線として開業しました。JR西日本を経て87(同62)年、第三セクターに。現在、若桜駅構内では、かつて若桜線を走った蒸気機関車C12の体験運転を行うなど観光活用にも力を入れています。昭和初期の施設が数多く残されており、駅舎や転車台など23施設が登録有形文化財に指定されています。

見どころ

一路線で多くの文化財となった鉄道施設を見学できることは非常に稀です。
また、それらの施設は現在も使われていたり、体験運転できることも魅力です。

歴史を知る

情報確認中

周辺の情報

情報確認中

所在地

「若桜鉄道株式会社」鳥取県八頭郡若桜町若桜345-2

アクセス

<自動車>
京都から約3時間30分( 中国自動車道山崎インター下車 国道29号 )
大阪から約3時間( 中国自動車道山崎インター下車 国道29号 )
鳥取から約40分( 国道29号 )

<バス>
大阪から約3時間30分( 日交特急バス )
鳥取から約1時間( 日交バス )

<JR>
京都から約3時間40分( スーパーはくと 郡家駅下車 若桜鉄道 若桜駅下車 )
大阪から約3時間10分( スーパーはくと 郡家駅下車 若桜鉄道 若桜駅下車 )
岡山から約2時間40分( 特急いなば 郡家駅下車 若桜鉄道 若桜駅下車 )
鳥取から約50分( 若桜鉄道 若桜駅下車 )

参照:若桜町観光協会ウェブサイト

お問い合わせ先

若桜鉄道株式会社
TEL:0858 82‐0919
MAIL:wakatetu@infosakyu.ne.jp

   
上記は2019年8月14日時点での情報です。最新の見学情報、所在地、アクセス情報については、各施設の連絡先にご確認ください。